FC2ブログ

膨れ上がってる

ささくれた名盤などについてのメモ他

Cantiga De Longe

1.jpg
Cantiga De Longe / Edu Lobo (1970)


ところで、頭が良くなると思って鯖缶を食べまくる行為そのものが己の頭の悪さを証明してしまうようで、人類が魚類に求める栄養素の付帯要素でしかないDHA様を必要以上に崇め奉る風潮への猜疑心が抑えきれません。

普段から魚しか食べないおっさんがいたとして、その人が魚しか食さない理由が「頭が良くなるらしいから」だったとしたら、近所では有名な変人またはかわいそうなとっつぁん坊やと称されるでしょうし、おっさんのその他の言動にすら知的センスを感じることができなくなるでしょう。

「おさかな天国」を始めとする漁業関係者の日々の営業努力を否定したい訳でもなんでもないんですが、普段から大海でほぼ魚ばかり食しているはずのシャチやアシカが人類が脅威を感じるペースで知能を向上させている実感を全く持てませんし、そもそも水族館のシャチやアシカに対する「賢い」という褒め言葉自体、それらが馬鹿の地平に立っていることを前提とした表現であることからして、鯖缶を食べれば頭が良くなるという結果の証明しにくい定理にすがる消費者の頭の悪さを見下すような小売業界の商態度が鼻についてしまうのです。

いずれにしても、僕は魚肉ソーセージをほぼ毎日食べているレベルのハードコアギョニッカーですが、当然頭が良くなっている実感はありませんし、むしろ魚肉を摂取するようになってからというもの、腎臓の結石が尿路に詰まる例のヤツを4年ぶりに再発させるわ、ボロアパートが水漏れして部屋中ビッシャビシャになるわ、左側だけベッドに沈みこむタイプの金縛りを体験しながらチャーハンを手づかみで食べる幻覚を見るわ、その後右肩の肩こりが収まらずに右手全体が痺れ続けているわ、もうてんやわんやです。


さ、そこでてんやわんやといえばEdu Loboなんですが、この人の密室的なてんやわんや感は100%、作曲能力と演奏能力に裏打ちされたものです。



ボサノヴァいいよね、ボッサ最高とソバージュ頭の主婦らがおしゃれなカフェで何も進展しない感想を語り合っていたとしても、そこで求められているボサノヴァ像は所詮BGMの域を逸してはおらず、BGMで流し聴くことが困難になるほどのこんな奇怪なボサノヴァを求めている訳ではありません。



Edu Loboも、別に最初からこんな圧迫面接さながらに風通しの悪い高速ボサノヴァを演奏しようとしていたとは思えず、とにかく女にモテようと努力した結果なぜか密室芸に表現をシフトさせていき、そのままてんやわんやの海から帰れなくなったのでしょう。

このアルバムでの白眉は間違いなく↓のZanzibarですが、パスコアルやモレイラといった奇人に囲まれたこのアルバムでの演奏こそ空間湿度の低さを感じられるものの、その後ソロで披露している演奏では一人にも関わらず歯に鯖の骨でも詰まったかのような閉塞感が全開で、なんだかこの人の暗黒の高校時代を勝手に想像させられます。





納豆が頭をよくするとテレビが放送すれば納豆を買いに走り、鯖缶が頭をよくするとテレビが放送すれば鯖缶を買いに走る。
ボサノヴァがおしゃれだと聞けばボサノヴァを聞いてみるし、カフェで難しいカタカナのコーヒーを飲む自分に陶酔する。
そんな私たちの行動原理さえ誰かの思惑に誘導されたもので、私たちに知識がないことを逆手に取られ悪意を持った誰かの掌の上で踊らされているだけのような気がしてきます。

スパゲティに鯖を入れるために鯖缶を購入する。カフェでボサノヴァを語るクソみたいな主婦がむかつくからEdu Loboを聴く。
本来はそれでいいし、掌の上で踊りたければ自発的に踊ったっていい。

そう、尿路結石の痛みで寝られない嵐の夜に、一人考えたのでした。


※Edu Loboの曲のうち、一番好きなのはKyrieです。これは絶対にぶれません。キリエー!

スポンサーサイト